2015.10.08

ヨガ的な食事とは。

インストラクターの羽賀です。

はやいですね、もう、10月。
秋ですよ。
秋ですね、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋…食欲の秋(笑)

秋は食べ物が美味しいし、夏に暑くてげんなりしていた体も涼しい風を浴びて食欲を取り戻す、本当に食欲の秋です。

今日は食べることについてお話させてください。

私たちインストラクターはよくベジタリアンなのかと聞かれます。
ヨガ=ベジタリアン
私も始めた頃はそう思っていました。
事実、玄米菜食をストイックに行っていた時期もあります。
今はお肉も食べます。時々ベジタリアンです。

なぜ玄米菜食をしていたのにお肉も食べるような生活に戻ったのかというと
なんとなく自分が食べるということについて見えてきたような気がしたからです。
玄米菜食をしていると確かに体が軽い感じかして心が静かな感じがします。
その頃はかなりストイックになっていて、お肉や動物性たんぱく質をとってはいけないような、ヨギーニとしてお肉を食べることは悪なんだと思ってしまうこともありました。

そう、これは、ヨガをする自分   のイメージに囚われていただけだったからかもしれません。

食べることは前回お話しした肉体の体、アンナマヤコーシャを整えるのにとても大事なことです。
もちろん玄米菜食や断食は心と体をクリアーにするのに最適だと思っています。

でも、もしその事に執着しすぎて苦しさを感じたら…
家族や友人と気軽に食事ができないことにすごいストレスを感じたら…

それは自分の思い込みによる執着に繋がるのではないかとおもいます。

殺生して命を頂くことについては動物を食べても植物を食べてもおなじこと。

せっかくヨガをしているなら、自分の体と心をよーく観察して、体と心が欲しがるものを食べようとおもいました。
心が暴走していると、ジャンクな食べ物が欲しくなってしまうこともあります。そんなときは食べてしまうこともあるんですが、まずアーサナをして心を繋ぎ止め、そのジャンクなものが食べたい気持ちって本物なの?と自分に問いかけます。

大切なのはヨガによって心の暴走を押さえて、心だけが欲するままに意味なく貪ることをやめることだと思ったのです。
お腹一杯の量を食べることも同じです。心だけが暴走していると自分もお腹一杯の適正量もみえなくなります。
食べたいものを食べたいだけ食べる
ということはヨガでしっかりと自分の心と体を見つめていくことが必要不可欠なんだなぁと思っています。

お肉でも、野菜でも、自分が自分を失わない心の状態で、命の恵みに感謝して、自分の必要量を頂く…。

それはひいてはヨガの八支則ヤマ、ニヤマの実践の現代適応につながっていく。

私的なヨガ的食事とはそういうことではないかと今はそう感じています。

ヨガの八支則についてはまた別の機会に。

ヨガは体操ではなくて自分のライフスタイルを豊かなものにすること、
そんな実感を得られるレッスンをセルフコントロール・ヨーガでは行っています。

体験無料です。

2015.09.15

ヨガで断捨離

インストラクターの羽賀洋子です。
私は真面目な性格だとおもいます。
なーんて、言うと、担当クラスの生徒さんからは「え~(笑)またまたぁ」と笑い声がおきそうですが、見た目よりかなり真面目な性格なんです。

その証拠に、ヨガを始めたばかりの頃、私は必死にヨガをして、練習して練習して、
なにかを得なければならない、そのためにはあのポーズもこのポーズも出来るようになりたいと眉間にしわを寄せて師匠のもとに通っていたものです。

ある日、私は師匠にとあるポーズが出来ないことを相談しました。

「そうだね、洋子ちゃんはまだ股関節が固いから難しいかもしれないね」

「どうしたら股関節がはやく柔らかくなりますか?」

「股関節が固いんだなぁってわかってあげることだね」

「??」

「ギューギューむきになって力任せにヨガのポーズを、とろうとしても、逆効果なんだよ~(笑)ヨガはね、いろんなものを手放してあげる気持ちで行った方が、結果的にヨガのポーズがとれるようになるんだよ」

「手放してあげる?」

「そう、こうでなければいけないって思い込みを捨てて、私の股関節は固いんだなぁって受け入れてあげて、自分の思い描くポーズの完成形を一旦わすれてあげる。
優しい気持ちで今の自分にはどんな風にしてあげたら気持ちいいのか聞きながら、いろんなしがらみをほどいてあげるの。」

私は手放すという言葉にはなんとなく抵抗感があり、努力してその結果を手に入れるという固定概念に縛られていたのでなかなか師匠の言葉を、頭で理解は出来ても、納得出来ていなかったように思います。

でも、今なら、なんとなくわかるのです。
握りしめた拳に新しいものはなにも掴めないように、握りしめているなにかを手放さなければ、新しいものは手にはいらない…。
ポーズでも同じですが、例えばジャーヌシルシアサナ(膝に額をつけるポーズ)で股関節やハムストリングスのかたい人は、なかなか膝に額がつくことはありません。
これを力任せにギューギューしていたら、痛いだけだし、多分どこかの筋を痛めてしまうでしょう。
でも、逆にその自分の固さを受け入れて、額を膝につける完成形を忘れて、肩の力を抜き、首の力を抜き、そのなかで心地よさを探しながら、尾骨の巻き込みなどを意識していった方が…ジャーヌシルシアサナが意図する結果にはやくたどりつけるかもしれません。

ヨガは、自分のなかで渦巻く欲望を力任せに振り回さずに、捕まえて逃がしてあげることが大切だったのです。

自分の思い込みや結果に対する執着を捨てて、現状を受け入れ、コツコツと向き合う。

あれ?

少し前に話題になった断舎利でも似たようなことをいったましたね。

自分の持ち物を整理し手放すことによって、心の整理整頓になり、結果的に自身のヴィジョンが見えてくる。

ヨガも同じなんです。

ポーズで体の断舎利を、しながら、
心の整頓をして、自分に本当に必要なものが見えてくる…。

私に必要なものは、むきになって真面目にやる練習ではなく、呼吸を感じながら、自分を受け入れ、必要だと信じて溜め込んでいた色々なしがらみなどを手放すことだったんですね。

こんな風に体を使って、生きることに役に立つ知恵の宝庫がヨガなんです。

セルフコントロール・ヨーガでは個性豊かなインストラクターが皆様の断舎利のお手伝いができるレッスンをしています

ぜひご体験ください。

image

2015.03.31

春です。

image

スタッフインストラクターの斉藤さおりです。

この桜は、金沢区平潟教室近くの称名寺の桜です。生徒さんに教えて頂いてレッスンの後、行って来ました。
一本の木から、二種類の桜のお花です。初めて見ました(笑)
見事ですね🎵ステキです。
境内の桜並木も満開でした。

今日はお天気も良く、暖かくてお散歩日和。
いつも通っている道ではなく、初めて通る道を歩き、わくわく⤴遠足気分です。
綺麗な桜を満喫して、幸せ 満開です。

この状態の私の脳ミソをスキャンしてみると・・(笑)

ハッピー脳が活性化してますね。そして、昨日あった小さなネガティブな事柄はもうどこかへ行ってしまいました。
ヨガをしていると、いつでもハッピー脳への切り替えが上手になるので、脳の活性化&若返りにつながります。色んなポーズや瞑想をすることによって、自律神経のバランスが整い、幸せホルモンも出やすくなるのです。

明日から4月。
新しいスタートの時期ですね🎵

この機会に桜とヨガで幸せホルモンを実感してみましょう❤

2015.02.19

御無沙汰しまして

一年ぶりにブログを書きます。

つい御無沙汰してしまいました。楽しみにしていてくださった生徒さん、申し訳ありません。今日から、また、皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

早いもので、今年も2月、今日は旧暦のお正月春節。
今年は、セルフコントロールヨーガも、25周年を迎えます。

ヨガを始めて36年の月日が経ちました。

何も恐くない、
そんな人は多分いないけれど、その恐れの正体を知る人も少ないのではないでしょうか。
実は、不安や、恐れの正体とは、
偽りの自分

アナと雪の女王の、エルダのように、ありのままの自分になるためには、
自分のもっている不安や、恐怖から、
開放されることです。

そして、不安や、恐怖とは、真の自分と遠ざかるものであると、気付くことです。

私達が、ありのままの自分、本当の自分と繋がっているときは、
不安や、恐怖は、遠いところにあります。

裏を反せば、不安や、恐怖があるときとは、本当の自分と繋がっていない証拠でもあるのです。

不安や、恐怖を感じたときは、その偽りの自分を見破り、、静かに心と、体を開放してみましょう。

不安や、恐怖が、白日の元にさらされたように、すごすごと退散していきます。

真の自分と繋がることが、人生を正しく生きていくためには、とてもプラスになります。

不安や、恐れを感じたら、
あれ?違うぞ!って
そのマジック見破って見てください。!

2013.12.29

プリズム

我が家の東の窓側に、大きなアパートが、建ちました。

今まで入って来た朝陽が、

少し少なくなってしまいました。

光が減ってしまったので、なんとか増幅させるために、

窓辺にプリズムを吊るしたいなと考えています。

今までも、多面体のガラスを置いてプリズムストーンにしていましたが、
これからはもっと、必需品になりそうです。

太陽の光が、
水晶や、ガラスのプリズムに通ると、七色に分かれます。

虹も雨粒が、プリズムの役割をして、七色に分かれます。

赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍色、紫

順番は変わりません。

あれ?どこかで聞いた事のある順番ですよね?

そうです。実は私達の体にあると言われている、
チャクラと同じ色、同じ並びです。

光は、プリズムによって、波動ごとの、七色の光に分かれるのです。

私達自身が、

水晶のように、心も、体も透明に透き通って行く事で、

私達を通る光は、美しく分かれ、各チャクラを照らします。
大掃除は、お部屋が、終わったら、自分自身の為に、

今年もあと、三日、
初日の出のパワーある朝陽を、

どんなプリズムが、
美しいチャクラを輝かすことでしょう。

2013.12.29

受けとる

何が来ても、OKオーライですよ!
と、思っていると、
懐の広い、腹の座った人になります。

反対に、それは無理、これはダメって思っていると、

それが来ないように,来ないようにと、

心配性で、まだ来てもいない事に心を奪われ、不安定な心で、過ごします。

どちらが、人生を幸せにするかは、疑う余地もありません。

びくびくして、突っ張っているよりも、

ドンと構えて、動じないほうが、
どれだけ、心が穏やかで、楽に
過ごせる事でしょうか。

でも、それが簡単でないから、苦しいのです。

しかし、テレビゲームを思い浮かべてください。

いろいろな場面に遭遇しますが、
クリアしないと、次のステージに進めません。

ゲーム中に、自分のゲームの状況を嘆いて、づっと落ち込んでいたり、

友達に愚痴って電話をかける人も、なかなかいないのでないでしょうか。

とりあえず、状況を、受け入れて、

知恵や武器や、何かアイテムを使って、切り抜ける、

先に進む、

そうやって次のステージに進み、
ステップアップしていくのではないのでしょうか。

そのとき、ゲームの中の追い詰められた状況を、見て、
まずは仕方ないけれど受け止める。

そして、次に発する言葉は、

そうです、
「OKオーライ、任せて!
進んでやるぞ!」

とこんなかんじかな?

と思うのです。

私は、実はテレビゲームも、しないし、パソコンも、苦手です。

でも、家族のゲームを覗く度に、まさに人生のようだ
と感じています。

どんな状況に直面しても、

発する言葉は、「OKオーライ、よし、進んでやるぞ!」

何故なら、クリアしたら、

次のステージに上がり、
天からボーナスも届くからです。

横浜のヨガインストラクターのブログでヨガ教室の様子やヨガ実践による健康、美容情報をお届けします

セルフコントロール・ヨーガのスタッフブログでは、皆様のご指導を担当させていただくインストラクターが日々のヨガ教室の様子を写真とともにご案内し、ヨガ実践におけるポイントや、健康管理や美肌になるためのコツをご紹介しております。
横浜や横須賀に複数ある利用しやすい教室の模様や、インストラクターの素顔、ヨガ実践に対する姿勢にも触れることができますので、ご入会をご検討の方もぜひご参考になさってください。
ヨガ教室は日頃の運動不足の解消をはじめ、ゆっくりした動きと瞑想で無理なく心身のバランスを整えることができますので、体力やご年齢に関わらず、ご自身のペースでレッスンできます。健康維持やダイエット、美容にも役立てられますので、ぜひ一度、無料体験にお越しください。

初回限定!無料でレッスンを体験できます!体験ヨガレッスン 体験レッスン後のご入会でYOGA WORKSのマットとケースをプレゼント!