2015.10.08

ヨガ的な食事とは。

インストラクターの羽賀です。

はやいですね、もう、10月。
秋ですよ。
秋ですね、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋…食欲の秋(笑)

秋は食べ物が美味しいし、夏に暑くてげんなりしていた体も涼しい風を浴びて食欲を取り戻す、本当に食欲の秋です。

今日は食べることについてお話させてください。

私たちインストラクターはよくベジタリアンなのかと聞かれます。
ヨガ=ベジタリアン
私も始めた頃はそう思っていました。
事実、玄米菜食をストイックに行っていた時期もあります。
今はお肉も食べます。時々ベジタリアンです。

なぜ玄米菜食をしていたのにお肉も食べるような生活に戻ったのかというと
なんとなく自分が食べるということについて見えてきたような気がしたからです。
玄米菜食をしていると確かに体が軽い感じかして心が静かな感じがします。
その頃はかなりストイックになっていて、お肉や動物性たんぱく質をとってはいけないような、ヨギーニとしてお肉を食べることは悪なんだと思ってしまうこともありました。

そう、これは、ヨガをする自分   のイメージに囚われていただけだったからかもしれません。

食べることは前回お話しした肉体の体、アンナマヤコーシャを整えるのにとても大事なことです。
もちろん玄米菜食や断食は心と体をクリアーにするのに最適だと思っています。

でも、もしその事に執着しすぎて苦しさを感じたら…
家族や友人と気軽に食事ができないことにすごいストレスを感じたら…

それは自分の思い込みによる執着に繋がるのではないかとおもいます。

殺生して命を頂くことについては動物を食べても植物を食べてもおなじこと。

せっかくヨガをしているなら、自分の体と心をよーく観察して、体と心が欲しがるものを食べようとおもいました。
心が暴走していると、ジャンクな食べ物が欲しくなってしまうこともあります。そんなときは食べてしまうこともあるんですが、まずアーサナをして心を繋ぎ止め、そのジャンクなものが食べたい気持ちって本物なの?と自分に問いかけます。

大切なのはヨガによって心の暴走を押さえて、心だけが欲するままに意味なく貪ることをやめることだと思ったのです。
お腹一杯の量を食べることも同じです。心だけが暴走していると自分もお腹一杯の適正量もみえなくなります。
食べたいものを食べたいだけ食べる
ということはヨガでしっかりと自分の心と体を見つめていくことが必要不可欠なんだなぁと思っています。

お肉でも、野菜でも、自分が自分を失わない心の状態で、命の恵みに感謝して、自分の必要量を頂く…。

それはひいてはヨガの八支則ヤマ、ニヤマの実践の現代適応につながっていく。

私的なヨガ的食事とはそういうことではないかと今はそう感じています。

ヨガの八支則についてはまた別の機会に。

ヨガは体操ではなくて自分のライフスタイルを豊かなものにすること、
そんな実感を得られるレッスンをセルフコントロール・ヨーガでは行っています。

体験無料です。

2015.09.15

ヨガで断捨離

インストラクターの羽賀洋子です。
私は真面目な性格だとおもいます。
なーんて、言うと、担当クラスの生徒さんからは「え~(笑)またまたぁ」と笑い声がおきそうですが、見た目よりかなり真面目な性格なんです。

その証拠に、ヨガを始めたばかりの頃、私は必死にヨガをして、練習して練習して、
なにかを得なければならない、そのためにはあのポーズもこのポーズも出来るようになりたいと眉間にしわを寄せて師匠のもとに通っていたものです。

ある日、私は師匠にとあるポーズが出来ないことを相談しました。

「そうだね、洋子ちゃんはまだ股関節が固いから難しいかもしれないね」

「どうしたら股関節がはやく柔らかくなりますか?」

「股関節が固いんだなぁってわかってあげることだね」

「??」

「ギューギューむきになって力任せにヨガのポーズを、とろうとしても、逆効果なんだよ~(笑)ヨガはね、いろんなものを手放してあげる気持ちで行った方が、結果的にヨガのポーズがとれるようになるんだよ」

「手放してあげる?」

「そう、こうでなければいけないって思い込みを捨てて、私の股関節は固いんだなぁって受け入れてあげて、自分の思い描くポーズの完成形を一旦わすれてあげる。
優しい気持ちで今の自分にはどんな風にしてあげたら気持ちいいのか聞きながら、いろんなしがらみをほどいてあげるの。」

私は手放すという言葉にはなんとなく抵抗感があり、努力してその結果を手に入れるという固定概念に縛られていたのでなかなか師匠の言葉を、頭で理解は出来ても、納得出来ていなかったように思います。

でも、今なら、なんとなくわかるのです。
握りしめた拳に新しいものはなにも掴めないように、握りしめているなにかを手放さなければ、新しいものは手にはいらない…。
ポーズでも同じですが、例えばジャーヌシルシアサナ(膝に額をつけるポーズ)で股関節やハムストリングスのかたい人は、なかなか膝に額がつくことはありません。
これを力任せにギューギューしていたら、痛いだけだし、多分どこかの筋を痛めてしまうでしょう。
でも、逆にその自分の固さを受け入れて、額を膝につける完成形を忘れて、肩の力を抜き、首の力を抜き、そのなかで心地よさを探しながら、尾骨の巻き込みなどを意識していった方が…ジャーヌシルシアサナが意図する結果にはやくたどりつけるかもしれません。

ヨガは、自分のなかで渦巻く欲望を力任せに振り回さずに、捕まえて逃がしてあげることが大切だったのです。

自分の思い込みや結果に対する執着を捨てて、現状を受け入れ、コツコツと向き合う。

あれ?

少し前に話題になった断舎利でも似たようなことをいったましたね。

自分の持ち物を整理し手放すことによって、心の整理整頓になり、結果的に自身のヴィジョンが見えてくる。

ヨガも同じなんです。

ポーズで体の断舎利を、しながら、
心の整頓をして、自分に本当に必要なものが見えてくる…。

私に必要なものは、むきになって真面目にやる練習ではなく、呼吸を感じながら、自分を受け入れ、必要だと信じて溜め込んでいた色々なしがらみなどを手放すことだったんですね。

こんな風に体を使って、生きることに役に立つ知恵の宝庫がヨガなんです。

セルフコントロール・ヨーガでは個性豊かなインストラクターが皆様の断舎利のお手伝いができるレッスンをしています

ぜひご体験ください。

image

2015.09.05

ヨガでダイエット

インストラクターの羽賀です。

よく聞かれます。

ヨガでダイエットしたいんですが、効果ありますか?

そして答えます。

はい、効果ありますよー。

さて、ヨガは体操のようで体操ではありません。運動量の多いアシュタンガヨガやパワーヨガなんかもありますが、私のレッスンで主に行うハタヨガクラスでは、運動量的に言えば決してハードなものはありません。

ではなぜヨガでダイエット効果が望めるのでしょうか?

ダイエットを成功させるのに必要なことは、
摂取カロリーが消費カロリーを下回ること。
体の代謝をあげること。

これらは適正な食事と適度な運動という表現でよくきかれます。

ダイエットには王道なしということなのですが…。

ヨガはその王道を歩くお手伝いがしやすいようです。

まず、ヨガは普段使っていない部位を含めて体を隅々まで隈無く意識して刺激します。インナーマッスルと言われる体の奥の筋肉を刺激してエネルギーを通し、血流をよくし、結果代謝が高まります。

そして、ゆったりとした深い呼吸で、セロトニンという脳内伝達物質の分泌が促され、ストレスが解消されます。
自分の体をよく見てよく感じるため、自分の本当に食べたい量や必要な量がわかるようになるので、摂取カロリーが過剰になることを防ぎます。

もうひとつは、やはりイメージです。

ヨガはイメージをすることで脳の前頭葉や海馬を刺激します。
いわゆる脳トレ効果もあります。
ご自分がなりたいスタイルをどうぞしっかりイメージしてください。
自分が想像もつかないことは脳はなかなか実現させる術をみつけられませんが、自分が想像してイメージすることは、脳が体に指令を出しやすいのです。

憧れのモデルや女優さん、俳優さんを目に焼き付けて、ぜひヨガをしてみましょう。

ヨガのダイエット効果を
皆さんも必ず実感できます。

そんな効果が実感しやすいレッスンはセルフコントロール・ヨーガ
で体験できます。ご予約お待ちしています。

image

2015.04.04

花見ヨガ

image

インストラクターの羽賀です。
今日は本牧クラスのレッスンでした。
本牧クラスは本牧地区センターを利用しています。今日は選挙のためにいつも使っている中会議室のお部屋が使えず、隣の和室でレッスンとなりました。

和室は狭いので16人が入るにはかなりきつきつで、廊下に1人出てしまうほど、いらしてくださった生徒さんにはご迷惑をおかけしてしまったのですが、
障子をあけたら
なんと、満開の桜が!!

思わぬところで花見ヨガとなりました。

レッスン終盤にはみなさんで桜の方に頭を向けてのダヌラアサナを楽しみました。

桜の花のもたらしてくれたピンク色のオーラに包まれて瞑想の練習も。

瞼に桜を焼き付けて目を閉じてアーサナを深めたり…

この時期ならではのレッスンを皆さまと共有できたようにおもいます。
会場が変更になったのも、宇宙の粋なはからいでした。

この和室では毎週、金曜の夜もレッスンをしています。

公園に面し自然を味わえる地区センターの和室では畳の匂いを感じながら、ゆったりとヨガでご自分を整えてみませんか?

ご予約おまちしています。

2015.03.31

春です。

image

スタッフインストラクターの斉藤さおりです。

この桜は、金沢区平潟教室近くの称名寺の桜です。生徒さんに教えて頂いてレッスンの後、行って来ました。
一本の木から、二種類の桜のお花です。初めて見ました(笑)
見事ですね🎵ステキです。
境内の桜並木も満開でした。

今日はお天気も良く、暖かくてお散歩日和。
いつも通っている道ではなく、初めて通る道を歩き、わくわく⤴遠足気分です。
綺麗な桜を満喫して、幸せ 満開です。

この状態の私の脳ミソをスキャンしてみると・・(笑)

ハッピー脳が活性化してますね。そして、昨日あった小さなネガティブな事柄はもうどこかへ行ってしまいました。
ヨガをしていると、いつでもハッピー脳への切り替えが上手になるので、脳の活性化&若返りにつながります。色んなポーズや瞑想をすることによって、自律神経のバランスが整い、幸せホルモンも出やすくなるのです。

明日から4月。
新しいスタートの時期ですね🎵

この機会に桜とヨガで幸せホルモンを実感してみましょう❤

2015.03.24

春は自律神経が乱れがち!

今日は寒さが戻ってきましたね。スタッフインストラクターの松井則子です。

暖かいと気を許すと急に寒くなり、寒暖の差があり体の不調を感じる方も多いのでは・・・
体もストレスを感じています。
季節の変わり目は、自律神経が乱れます。

そんな時は、ゆっくり・ゆったりとした呼吸で自律神経を整えましょう。

吐く息は、副交感神経を優位にしてくれます。しっかりと吐ききると、自然にたっぷりと吸う息が入ってきます。
この吸う息は、細胞のエネルギーを充電してくれます。

心身ともにストレスを感じるこの季節
呼吸で、心の静けさを取り戻し、体にエネルギー充電してみませんか?

横浜のヨガインストラクターのブログでヨガ教室の様子やヨガ実践による健康、美容情報をお届けします

セルフコントロール・ヨーガのスタッフブログでは、皆様のご指導を担当させていただくインストラクターが日々のヨガ教室の様子を写真とともにご案内し、ヨガ実践におけるポイントや、健康管理や美肌になるためのコツをご紹介しております。
横浜や横須賀に複数ある利用しやすい教室の模様や、インストラクターの素顔、ヨガ実践に対する姿勢にも触れることができますので、ご入会をご検討の方もぜひご参考になさってください。
ヨガ教室は日頃の運動不足の解消をはじめ、ゆっくりした動きと瞑想で無理なく心身のバランスを整えることができますので、体力やご年齢に関わらず、ご自身のペースでレッスンできます。健康維持やダイエット、美容にも役立てられますので、ぜひ一度、無料体験にお越しください。

初回限定!無料でレッスンを体験できます!体験ヨガレッスン 体験レッスン後のご入会でYOGA WORKSのマットとケースをプレゼント!